プレスリリース

国産エナジーアルコールSPASA山陰地方で販売解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
d18119-1-135615-1

ノンカフェイン化により実現した国産エナジーアルコールSPASAの山陰地方にて取り扱い開始のお知らせ

株式会社SPASA(社長:中川真太郎 本社:山口県宇部市)は、エナジードリンクのお酒割りの危険性をノンカフェイン化することにより実現した新商品エナジーアルコール「SPASAスパサ」250mlを7月1日より山陰地方で販売開始致します。

[画像:http://prtimes.jp/i/18119/1/resize/d18119-1-135615-1.jpg ]

「エナジーアルコールSPASAスパサ」は、”エナジー成分”を残しつつ従来危険視されていた、カフェインとアルコールの作用をノンカフェイン化することによって実現した、新しい夜のエンターテインメントにふさわしいアルコール飲料です。

SPASA公式ホームページ: http://spasa.me

これまで西日本を中心にイベントを通して販売し、好評を頂いており、限定的に展開してきました。今後続々と、未発売エリアでの小売・飲食店取り扱いの販売を募集しつつ、イベント行事と合わせて売場展開することで、盛夏期のアルコール飲料市場を盛り上げるとともに「エナジーアルコールSPASA」ブランドのさらなる販売強化を図ってまいります。

[表: http://prtimes.jp/data/corp/18119/table/1_1.jpg ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世界初エナジーアルコールSPASA

エナジードリンクとアルコールが一本に凝縮された2016年から販売のアルコールブランド

調合は「ノンカフェイン」にこだわることで、エナジードリンクとアルコールの危険性を考慮し開発(商標も取得済)

現在西日本エリアのクラブ・バーで限定的に販売されているアンダーグラウンドな純国産製品

 


詳細はこちら